ジョンの日経225寄り引けシステムトレード
日経225先物の寄り引けシステムトレードを実践。シグナルと結果を掲載します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月分有料メルマガ会員の新規募集を開始致します
5月分有料メルマガ会員の新規募集を開始致します

本日より5月分有料メルマガ会員の新規募集を開始致します。
(既会員の方へは別途ご案内メールを差し上げます)

現在のシステムの成績は左段の「月別結果」をご参照ください。

有料メルマガの配信料は後払い制とし、月初~月末までの結果を基に、翌月第1週末までにお振り込み頂く形式とします。なおメルマガ初回登録時には、前月分配信料に加えて別途メルマガ登録料3,000円が必要です。

毎月の配信料は、<システム4><システム3><システム2>の結果を合算した物がプラスの時のみに発生し、合算×50円とします。

5月分新規メルマガ登録料は4月1日~30日までの結果を基に計算し、+330円でしたので、16,500円+3,000円=19,500円とさせて頂きます。

5月6日までにお申し込み+ご入金頂いた新規会員の方には順次<システム4><システム3><システム2>のシグナルをメルマガ配信させて頂きます。

メルマガ配信先は(1)PC(フリーメール不可)、(2)携帯の2箇所まで登録可能です。

配信時間は5時00分~9時00分の間を予定しております。


5月分メルマガを配信ご希望の方は、右段のメールフォーム内“管理人へメール”ボタンより、お名前欄に「お名前(フリガナ)」、メールアドレス欄に「返信用メールアドレス」、件名欄に「メルマガ配信希望」とご記入いただき、本文欄に(1)PC用配信先メールアドレス(フリーメール不可)、(2)携帯用配信先メールアドレスをご記入の上、お申込みください。順次返信対応させていただきます。


■免責事項
いかなるものに対してもその原因の如何を問わず、当メールマガジンの利用から生じるいかなる損害についても一切責任を負いません。
翌月以降の配信料、登録料等、予告なく変更される場合があります。


<システム1>はこれまで通り、このブログ上にて公開させていただきます。


今後ともよろしくお願い申し上げます。
スポンサーサイト

テーマ:日経225先物売買サイン - ジャンル:株式・投資・マネー

有料メールマガジンのご案内
有料メールマガジンのご案内
4月1日より、<システム4><システム3><システム2>のシグナルを有料メールマガジン(メルマガ)とさせて頂きます。

現在のシステムの成績は左段の「月別結果」をご参照ください。

有料メルマガの配信料は後払い制とし、月初~月末までの結果を基に、翌月第1週末までにお振り込み頂く形式とします。なおメルマガ初回登録時に、別途メルマガ登録料が必要です。

毎月の配信料は、<システム4><システム3><システム2>の結果を合算した物がプラスの時のみに発生し、合算×50円とします。

例:1月の場合:(システム4~2の合算)750×50円=37,500円
  2月の場合:(システム4~2の合算)240×50円=12,000円

2014年4月分のメルマガ配信に関しましては、3月31日までにお申し込み頂いた場合に限り、メルマガ登録料3,000円のみにて発信させて頂きます。

5月分以降のメルマガ登録料は前月配信料+3,000円とさせて頂きます。継続される方に登録料は発生しません。

メルマガ配信先は(1)PC(フリーメール不可)、(2)携帯の2箇所まで登録可能です。

配信時間は5時00分~9時00分の間を予定しております。


4月分メルマガを配信ご希望の方は、右段のメールフォーム内“有料メルマガ申込フォーム”ボタンより、「お名前(フリガナ)」、「PC用メールアドレス」(フリーメール不可)、「携帯用メールアドレス」(携帯用:を消さずに)ご記入の上、お申込みください。
※送信確認時に、「携帯用メールアドレス」が本文欄に代入されますので、そのままご送信ください。


■免責事項
いかなるものに対してもその原因の如何を問わず、当メールマガジンの利用から生じるいかなる損害についても一切責任を負いません。
翌月以降の配信料、登録料等、予告なく変更される場合があります。


<システム1>はこれまで通り、このブログ上にて公開させていただきます。


今後ともよろしくお願い申し上げます。

テーマ:日経225先物売買サイン - ジャンル:株式・投資・マネー

copyright © 2017 ジョンの日経225寄り引けシステムトレード all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。